スパンコールのシャカシャカシェイカー付きグリーティングカード ~オーシャン風

   

今回のカードはオーシャン風にしました。スパンコールのシェイカーがポイントです。それ以外は切って貼るだけなので、作り方は比較的簡単です。

今回の材料はダイソーではありませんが、どれも安く手に入れたもので作っています。

今回使ったこのオーシャンテストの Cardstock、クラフトペーパーは『Maichaels』の Doorbusters 70% Off セールで、手に入れたものです!!

                                  

通常このような厚めの48枚入りCardstockは定価で$19.99しますが、約$6で購入しました。超お得です。24デザイン x 2枚の48枚入りです。

  

ヒトデや人魚、貝などのデザインです。

  

ピンク、緑、白、3つの色がメインになっています。同じデザインで色違いの物もいくつかあるので、実際は24デザインではありませんが。

このページはアイデアが浮かばなかったので、使えそうな部分を切り抜いて使うことにしました。

しばらくしてからまた『Michaels』に行ったのですが、このクラフトペーパー、今度は$5になってました!!

全ての Cardstock がセールと言う訳ではなくもちろん売れ残ったものだけなので、そこまで choice はありませんが、結構可愛いのもセールになっていたりします。

$5だったので、今度はこの Cardstock も買っちゃいました。

このデザインが在庫処分になっているのはびっくりです。かなり可愛いです!!

  

個人的にこういう色んな色がぐちゃぐちゃに混ざっている Mixed Media のデザインが好きです。どういう風に使おうかなぁといつもパラパラめくってます。考えている時も楽しいんですよね。

 

アルファベットや単語もあります。切り抜いて色々使えそうです。

 

この Cardstock は全部で27デザインなのですが、全部違うデザインです。他の Cardstock は同じデザインで色違い、なんてことは結構ありますが、この Cardstockはデザインが1つ1つ違い、1枚だったり、2枚、3枚だったりと、デザインによって枚数が違いました。$5でこんなに可愛い Cardstock が買えてうれしいです。

スパンコールは『Walmart』で買いました。

  

たっぷり入って$3くらいです。一度容器に出して、大き目のスパンコールだけ袋に戻してます。元々はこの量が1つの袋に入っていました。パンパンにたっぷり入ってます。色々な形のスパンコールが入っているので嬉しいアイテムです。

大きさ、形は一緒ですがスパンコールは『Dollar Tree』にもあります。もちろん1つ$1!!

安いのでついつい買っちゃうんですよね・・・

それでは作り方です。

 

☆作り方☆

 

1.Cardstockを自分の好きな大きさに切る

今回使った Cardstock の大きさは12 x 12 in です。私は小さいカードを作るのが好きなので、まずは4等分に切り、そして更に半分に切りました。それを半分に折ります。

 

7.5cm x 7.5cm の大きさのカードです。

 

2.ヒトデと波を切り抜く

丁度ヒトデのデザインのページがあったので、切り抜いて使うことにしました。

たまたまこの Cardstock はヒトデがありましたが、自分で描いて切り抜くことも出来ます。デザインにないカメや貝殻などは、自分で描いて切り抜きます。

グラデーションになっているので、色合いを見ながらどのヒトデを選びます。今回はこの2つにしました。

波は、このペーパーの左下の無地の部分を切って使いました。ダイソーで買ったはさみです。

上に並べてチェックしてみます。ヒトデの色がもうちょっと濃い方がいいのかなぁとも思いましたが、とりあえずこれで行きます。

ヒトデと波はこれで終了です。

 

3.スパンコール入りのシェイカーを作る。

次はシェイカー作りです。形がシンプルなので意外と簡単に出来ちゃいます。

まず好きな柄のペーパーを丸く切り抜きます。

 

型はクォーターコインを使いました。2枚用意します。

そしてそのうちの1枚は、縁から2ミリくらい残して中を切り抜きます。

次に何でもいいので、透明のフィルムを用意します。ダイソーのクリアのラッピングペーパーやギフトバッグなども使えますが、商品に付いている透明のカバーなどでも大丈夫です。私のは両面テープに付いていたカバーです。

捨てずに取っておいたので、今回使いました。

まず、先程切り抜いた縁に両面テープを貼ります。両面テープを小さく細かく切って貼ってもいいのですが、その方法だとちょっと面倒なので、細長く切り、折りながら貼っていきます。

こんな感じです。

 

実際のサイズは直径2cmもない位の大きさなので、両面テープを細く、そしてそれを更に短く切って貼るのも、貼り付ける時にカバーを1枚ずつ剥がすのも結構面倒です・・・

なので私は両面テープを細く切り、折りながら縁に貼っていきます。こっちの方が断然楽です!!机に置きながら貼るよりも、持ち上げて付けると、重力で両面テープが垂れるので貼りやすくなります。ボンドでもトライしたのですが後で剥がれてしまったので、両面テープで貼ることにしました。

そして透明のファイルに貼り付け、切り抜きます。

ちょっとわかりにくいですが、フィルムが付いています。

次に厚めの両面テープを用意します。このテープは強力過ぎて、はさみにくっつくので、なかなか自分の欲しい大きさに切ることが出来ません・・・くっつかないはさみもあるようですが、私は持っていないのでちょっと工夫が必要です。

ペタペタする接着面同士を合わせました。

この状態だとカバーが付いているので、はさみにくっつくことなく、楽に切れます。2枚分なのでちょっと厚めになりますが、その分スパンコールが自由に動けるのでむしろbetterですね。

細く切ります。

テープの片側のカバーを外し、縁に貼っていきます。

次はスパンコール選びです。いくつか取り出しました。

絶対に貝の形のは使いたいです。入れ過ぎるとキツキツになってしまい、しかも重なりずぎて、せっかく1つずつ形が違うのに意味がなくなってしまいます。今まで何度か入れ過ぎて失敗したので、ちょっと少ないかな??と思うくらいにしています。

今回はこんな感じにしました。

 

最初はスパンコールを入れて、すぐ透明のカバーで蓋をしていましたが、いくつかのスパンコールが両面テープにくっついてstuckしてしまいます。両面テープを曲げながら貼り付けるので、やっぱり紙とテープの間に少しスペースが出来てしまってるようです。両面テープも2枚重ねているので、ちゃんとぴったり合体していないと、その隙間にスパンコールが入り込んでしまいます。

こんな風にスパンコールがくっつき固定されてしまって、振っても動かないんです・・・

Ummm…. どうしても直したい・・・でも一度閉じてしまうと、テープの粘着力がすごいので、開けて挟まっているスパンコールを取ることは難しいんですよね。細い針などを刺してトライもしてみましたが・・・両面テープの Foam の部分がボロボロになっちゃって・・・

!!💡!! Light bulb moment!!

ラメも一緒に入れればいいんです!!小さなラメが丁度隙間に入り込んでSealしてくれます!!

『99セントストア』で買ったラメです。結構色んな時に活躍してくれます!!

ラメを少しだけ入れます。まずは両面テープのカバーは外さずに、蓋を乗せて閉じてフリフリします。

これで、両面テープ同士の間、下の紙との接着面の隙間がラメでシールされたはずです。

そしてスパンコールを入れて、今度は両面テープのカバーを外し、蓋をします。ゆっくりひっくり返して、今度は今閉じた蓋と両面テープの隙間を埋めるためにフリフリします。ラメよりもスパンコールが先に隙間に入り込んだら終わりです・・・Stuck してしまいます。上手くいくように祈りながら・・・・

スパンコールがちゃんとサラサラ動くか何度か振って確認します。

成功です!!これで隙間が埋まり、スパンコールも stuck することはありません!!

後はパーツをカードに貼るだけです。

 

4.貼り付ける

並べてみて、パーツを置く位置を確認します。

まずは波を貼ります。間隔は適当です。お好きな間隔で。3本でもいいと思います。斜めなんかもオシャレですね。

それからヒトデを貼ります。1枚目は普通の両面テープやのりで貼ります。そして2枚目は厚めの両面テープを使って貼ります。貼ると少し浮き出て、いい感じです。

スパンコール入りのシェイカーを貼ります。最初は木工用ボンドを使っていたのですが、付け過ぎると裏にひびくので両面テープに変えました。

ヒトデや波のはみ出した部分を切ります。

完成です!!

シェイカー以外は貼るだけなので簡単です。見た目もすごくシンプルです!!ラメやパールなどでデコレーションするともっとオシャレですね。

結構簡単に作れます。色違いも作りました。

オーシャンの Cardstock じゃなくても作れます。これは全然違う柄のクラフトペーパーで作ったものです。結構気に入ってます。

カード、ヒトデ、シェイカー、波の縁をインクで distress しました。この柄でヒトデ、シャイカー、波だけだと、テーマが何かよくわかりません・・・ヒトデが星の様にも見えてしまって・・・なので貝の形をしたスパンコールに少し絵具で色を付けて貼りました。

裏も少しだけ縁に色を付けています。

パターンが決まれば、色を変えたり、少しだけ modify したり、何枚も作れます。

ヒトデを貝に変えたり、シェイカーの形を変えるのも面白そうですね。色々試してみて下さい!!

 

 

 

 

 - DIY